ライセンス資格を発行する団体

ライセンス資格を発行する団体

スキューバダイビングを行うためには、実質ライセンスが必ず必要となりますが、そのライセンスは発行している団体によって、そのステップアップの方法も変わってきます。

このスキューバダイビング団体にはそこまで注意を払う必要もありませんが、最終的にインストラクターとしての資格を取りたい、と考えている人はしっかり、この団体の違いは把握しておくのが良いでしょう。

ここでは、数多くあるスキューバダイビング団体の中でも代表的なものをご紹介しておきます。


・PADI - パディ(Professional Association of Diving Instructors)

数あるスキューバダイビング団体の中で、一番加入者が多いとされている、アメリカで設立された団体です。
全世界のダイバーのおよそ60%が所属していると言われている、名実共にナンバーワンの団体です。

・NAUI - ナウイ(National Association of Underwater Instructors)

こちらもアメリカで設立された団体ですが、元々はダイビングパトロールとして設立されていたユニークな団体です。

・BSAC - ビーエスエーシー(British Sub-Aqua Club)

イギリスで設立された世界で一番古い歴史を持つ団体です。栄誉顧問としてチャールズ皇太子が籍を置いています。

・AII - エーアイアイ/国際指導者連盟(Association of International Instructors)

YMCAのダイビングプログラムを推進しているアメリカの団体です。
水中連盟にも加入しているようです。

(参照:wikipedia)


日本では一番上のPADIのライセンスを発行しているところが多くなっているようです。

どこの初心者の方にとってはどこのライセンスでも大きな違いはありませんので、あまり気にする必要もないでしょう。