ライセンスの取得までの流れ

ライセンスが取得できるまで

スキューバダイビングをするためには、まずはライセンスを必ず取得しなければなりません。

ダイビング未経験者の方が取得しなければならないライセンスを「Cカード」と呼びますが、ここではCカードを取得するまでの流れをご紹介します。


【スキューバダイビングライセンス取得までの流れ】

1.学科講習

ここではビデオやマニュアルを使って、スキューバダイビングのことや注意点などを勉強していきます。
何をやるにもまずは多少の知識が必要だということですね。

2.プール講習

最初から海ではなく、比較的安全なプールで基本的なスキューバダイビングの技術を学びます。
ほとんどの場合このプール講習は1日で終わることが多いようです。

3.海で実習

ここではインストラクターの方の指示に従って、実際に海で講習が行われます。
練習とはいえ、実際に海での講習となりますので、魚などをみることができ、非常に楽しむことができるのではないでしょうか。
この海での実習は2日間かけて行われることが多いようです。


ライセンスの取得というとちょっと面倒なイメージを持っている方も多いかもしれませんが、これらのスキューバダイビングライセンスの講習は、決して苦痛なものではなく、この講習自体を楽しんでいる方が多いようです。

また、取得までに掛かる期間も4日程度とそこまで大変なものではないので、軽いスキューバダイビングの体験のつもりで臨んでみましょう。