スキューバダイビングライセンスの種類

ライセンスの種類

スキューバダイビングを楽しむためには必ずまずライセンスを取得しなければなりませんが、スキューバダイビングのライセンスにはそのレベルに応じたライセンスというものも用意されています。

スキューバダイビングのプロを目指す方はもちろん、将来的にダイビングを指導する立場になりたいと言う人も、当然上級のライセンスが必要となってきます。

また趣味でやっているような人でも、やはり目標はあった方が良いと考え、こういった上級のライセンスを目指しながら楽しんでいる方も少なからずいらっしゃるようです。

一回ダイビングをやってみて、長く続くような趣味となりそうなのであれば、こういった上級ライセンスを目指すのも良いのではないでしょうか。


【スキューバダイビングライセンスの種類】

・Open Water diver

スキューバダイビングを始めるにあたって必ず取得しなければならないライセンスです。
老若男女、どんな人でもこのライセンスから始まることになります。

・Specialty Diver

初心者から中級者になりかけの方が取得できるライセンスとなります。
様々なコースから好きなコースを2種類選ぶことができ、ダイビング経験12ダイブで取得することができます。

・Advanced Open Water Diver

このレベルになると魚の表情や、バディの表情を見る余裕がでてきます。ここまでいくとスキューバダイビングが本当に楽しくなってきます。
ダイビング経験24ダイブで取得できます。

・Master Diver

アマチュアの資格としては最高ランクです。他のダイバーの見本になり他のダイバーを引っ張るリーダー的資格です。
ダイビングの技術だけでなく、レスキューなどの技術も必要となり、ダイビング経験50ダイブで取得できます。

・Dive Control Specialist

こちらはスキューバダイビングのプロとなるために必要な資格となります。
ガイドになりたい人、グループの管理などをしたい人はこの資格を目指しましょう。
決して簡単に取得できる資格ではありませんが、スキューバダイビングを極めたい!という方には目指しがいのあるものとなっています。